え? 古書組合に!

体感ではこの夏いちばんの暑さ。玄関からポストまで、サンダルをはくのが面倒で裸足で行くのだが、この日は、あちちちちとなる。なるべく外出は控えたい。ずっと我慢してきた地下書斎のクーラーも8月に入って稼働。 9月いっぱいで途切れる「サンデー毎日」の…

憧れの住む町

www.youtube.com いま大幅に加筆中の『憧れの住む東京へ』のタイトルは、この菅原都々子の「憧れの住む町」の借用であります。ぼくはこれを「東京」と見たんですね。歌詞を読むと、どうも地方の小都市というイメージですが。ええ歌やなあ。 本日、「青春18」…

私小説が書けるかも

連日涼しい朝がありがたい。火曜に起きた「サンデー」ショックは尾を引くが、夜眠れないというほどのことはない。やれることをやる、という方針に切り替える。なにしろもう65歳なのだ。市の「シルバー人材センター」も調べてみるが、だいたい一日2時間、軽作…

とうとうその日がきたか。

火曜日、炎天下、九段下の毎日新聞出版部へ。月一度になった本えらびを終えて、担当のSさんにうながされ、編集長と個室で話をする。もうこの時点でなにごとかはわかっていた。月4回発売が3回になった時点で雲行きが怪しかったが、10月からの誌面再編で、ぼ…

上林暁「花の精」聖地を80年後に

30日、上林暁「花の精」さんぽ。果たして今も「月見草」の群生は見られるのか。 こんな酔狂におつきあい願えるのは散歩堂さんだけ。提案すると「行きましょか」と西部古書会館で待ち合わせ、武蔵境駅へ移動。灼熱の太陽が収まるまで時間をつぶす。 プリシア…

ああ、どこかへ行きたい

www.youtube.com そのうち東京の感染者5万人とか言われたとき、「また、またあ」と笑ってましたが、信ぴょう性を増してまいりました。誰にも会わない、感染しそうなところはは行かないいい子の私です。 矢野顕子「やませ(東風)」は名曲中の名曲。しかし「…

蝉を待つ樹々の深みとなりしかな

25日月曜、相撲が終わり野球のない日、集中して山頭火の原稿5枚を仕上げ送付。 今日26日は春陽堂書店ウェブ連載「オカタケな日々」85と86を送付。前から少しずつ準備はしていても、まとめて書くのはやっぱり締め切り日になる。やっきになって書く。写真もメ…

30日「オカタケ散歩」中止となりました。

来週末30日に予定されていた「オカタケ散歩」、東京駅から都バスを乗り継ぎ西新井へ。途中「あらかわ遊園」で観覧車に乗る、がコロナ感染拡大で中止となりました。9月には収まるかと。またお声がけします。上林暁「花の精」を読む、で是政へ、もやりたいんだ…

吉田拓郎が泣いた!

午後の水風呂、昼寝もしくは夕寝、が欠かせない私です。みなさんがご苦労されている時間帯に、水風呂へ浸かっていると、なにもかもがほどけて(人生が)終わってしまった感が強し。 昨日21日は東銀座。春陽堂書店を訪ねる。お近くの駅まで行きますよと担当編…

段ボールがないもんな

なんとか日付が変わる前、締め切り日ぎりぎりに「サンデー」送付。昼過ぎには「赤旗」の「試写室」(NHK「混成の森」)を書いたから、もうそれだけでたくさん仕事をした気分に。 19日夕には千駄木へ。ナンダロウくん、上原隆さんと酒席で歓談。ここに12年前…

東映「どろ犬」はいいぞお。

今週と来週あたま、連日締め切りあり。ありがたいことだ。本日は「學燈」連載を送付。これもあと1,2回で終わる。 日本映画専門チャンネルで録画した、東映の1964年公開「どろ犬」を見る。監督の佐伯孚治(たかはる)も、作品名もノーチェック。見て、あん…

五十嵐浩晃「ディープ・パープル」は名曲ですよ。

www.youtube.com ひさしぶりに聞きたくなったので貼り付けておきます。1980年代初めか、大変な才能の人が出てきたなあ、と思った曲でありました。声もいいしなあ。さすがに、これはカラオケでも歌えません。五十嵐浩晃、その後どうしちゃったんだろう。少し…

オカタケな日々83公開されました。

www.shunyodo.co.jp

またどこかへ行きたくなる。

www.youtube.com 若い小柳ルミ子、「蛍の河」ですが、岡本おさみ&吉田拓郎の楽曲であります。 昨日、あれこれ書いたのが保存に失敗し、消えてしまった。「サンデー」の本えらびのついでに恵比寿の画廊「まある」へ。武藤良子展初日。よかったです。というこ…

「斜陽館」について書く。日本語のイパネマの娘。

ふたたび「世界の快適音楽」湯浅学選曲で。アストラッド・ジルベルトが日本語バージョンのアルバムを出していた。日本語、かなりうまく乗せているのではないか。ただし、音数にはめる日本語の字数が少なく、微妙な空気。間延びしすぎて何言ってるかわからな…

奈良「フジケイ堂」が閉店していた。

www.youtube.com いろいろな人が歌う「マイウェイ」。藤圭子の生涯を考えるとき、これほどふさわしい歌い手はいないかもしれない。そして素晴らしい歌唱だ。じつは近頃、私はカラオケでこの歌をうたう。歌ってもいい歳になったのだ。ただし迷惑がかかる曲(…

「ドラえもん」はありますか?

www.youtube.com 先週のゴンチチ「世界の快適音楽」だったか、陽水の「リバーサイドホテル」を渥美二郎がカバーしているのがかかった。湯浅学の選曲。これがなんとも異次元の快感。フレンチのレストランで、白飯にたくあん、味噌汁(いずれも極上)を食べて…

歌ったのは誰?

https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%81%86%E3%81%9F+%E4%BA%95%E4%B8%8A%E9%A0%86 「フレーミーのうた」っていうんですって。渋谷毅作曲からたどりついた。誰が歌っているんだろう。…

本郷は純喫茶の宝庫

土曜夜、国立「ノートランクス」の渋谷毅ライブ、早々と予約が埋まるが、同じ渋谷ファンのIくんがキャンセルが出たといって、2人分抑えてくれた。なのに、ぼくは1日勘違いをしてこれをすっぽかす。翌日曜日にそれと気づく。カレンダーへの記入ミス。慙愧に…

メロンソーダのご老人

そうか、7月1日か。昼、チャーハンを作る。午後、思い切って外出。西荻へ。「盛林堂」の岡崎棚に補充、先月分の精算金を受け取る。これがなんともうれしいの。お小遣いをもらったみたい。 溜まった新刊の買取をお願いしようと音羽館めざして歩き出すが、あま…

オカタケな日々82が公開されました。

岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔82〕|春陽堂書店|明治11年創業の出版社[江戸川乱歩・坂口安吾・種田山頭火など]

「太宰治」を「たいこうじ?」

29 日、阪神対ヨコハマが結果隅2で早々と逆転、離されていく。あきらめて録画したテレ東のバス旅対決「陣取り」をCM飛ばし(必須)で見る。八戸から弘前へ東北対決だ。驚いたのは三沢、青森、五所川原と、先日行ったばかりの現地が登場すること。太川チーム…

「ホモサピエンスの涙」と「ずん喫茶」

早い梅雨明けのあと灼熱の東京。青森がなつかしい。地下にあるわが仕事部屋はそれでも最高28度まで。階段を降りるとひんやりしている。窓(横長の薄い)を開けるとクーラーはいらない。「日経」に書いた、中澤雄大『狂伝 佐藤泰志』書評の掲載紙届く。著者か…

津軽鉄道を2度楽しむ

先日、録画を見た「聞き込みローカル線 気まぐれ途中下車の旅」(長すぎる)の「津軽鉄道」をまた見る。何しろ、現地を見たばかりだからねえ、リアルさが違います。2度楽しみました。前は気づかなかったが、2014年7月7日放送分の再放送だった。清水宏保の金…

百人は入れる千人風呂

実は昨日、「大人の休日」3日目を使って、中央本線「上諏訪」の「千人風呂」に入ってきた。自由席のなくなった「あずさ」の指定を取り往復で使う(往きは満席)。昼前に駅について、シルク王片倉の片倉館に隣接する古城のような温泉銭湯に入る。10年以上ぶり…

青森へ。「斜陽館」と「寺山」の2大制覇

少しごぶさたしましたが、青森へ一泊で行っておりました。「赤旗」文学館へ行こう、の取材で、23日が津軽鉄道・金木の太宰治「斜陽館」、24日は青い森鉄道・三沢の「寺山修司記念館」へ。こういう仕事をしていて、ぜがひとも訪れたい大物物件2つを制覇でき…

阪神も敗けることがあるんやなあ

阪神、横浜戦(ディーエヌエーとはアルファベット表記も面倒だし気に食わない)3戦全勝とならず負ける。「阪神も敗けることもあるんやなあ」と、前半戦を考えれば怖れを知らぬ感想を抱く。西純矢は孫の活躍を見るように応援しているが残念。しかし、「父の…

夜は長く、阪神の勝利は続く

17日夕、国立で某社Nくんと待ち合わせ。「しんさく」という喫煙可の店で飲む。各社渡り歩いてきた編集者が、この春、また別の出版社に移り、一緒に仕事をと声をかけてくれた。彼にはすでに一冊、本を作ってもらっている。「しんさく」とは高杉晋作であり、山…

オカタケな日々81が公開されました。

www.shunyodo.co.jp

ペリカンブックス、イーヴリン・ウォー『大転落』

月曜日、本当にひさしぶりの原稿依頼があった「日刊ゲンダイ」の読書日記を書いて送付。「古書通信」も書きかけを完成させて送る。復活一箱古本市、秋津「らんだむ」、西所沢「SAVE AREA」で販売されている古本コーナーについて書く。 キリン杯、日本はチュ…