どこかへ行きたい

日本最後の最後でPK敗退。こういうことなのか(どういうことだよ!)。 忘れていた締め切りの催促があって、いよいよ月前半が熱くなってきた。月後半は、もう本当に、何にもない。『憧れの住む東京へ』のゲラが出れば別だけど。「青春18」を買って、どこかへ…

竜飛崎よ、どてっぱらをくりぬかれちゃったね。

3日、高円寺で「オカタケ散歩」忘年会を中華で。10名+担当の新潮社Mさん、ぼくで12名。ほぼそのまま2次会へ流れ、3次会は幹事をしてくれた散歩堂さんと久しぶりに「ちんとんしゃん」へ。常連客で大学で哲学を教えているというIさんが、おそらくぼくより10…

ゴール! ゴール!

www.youtube.com 今日未明、目覚ましかけて早朝のサッカー観戦。前半、「こりゃ勝てません、負けました」とあきらめるが、ドイツ戦に続くよもやの逆転劇。ゴールに思わず立ち上がる。「徹子の部屋」タモリによるウソ外国語による各国サッカー中継を思い出す。…

オカタケな日々93が公開されました。

www.shunyodo.co.jp

田村隆一登場!

www.youtube.com 「ワーズワースの冒険」田村隆一登場の回。すごいことやるね、しかし。 『ここが私の東京』再校ゲラをチェック、宅急便で送付。再校となると、本文の面がきれいになり、細かく文章チェックに専念できる。「あとがき」はファクスで返信。 「…

なんや、食べるんかい!

www.youtube.com フジテレビ全盛だからできたクリスマス音楽ショー。島倉千代子「愛のさざなみ」は現在、多くの人がカヴァーしているが、私が知るかぎり、その嚆矢となるのがこれ。豪華ですねえ。 今日は三鷹へ。jpicでお世話になったNさんが退社し、ブック…

目と鼻の先でセーフ

昨日は長い一日。まずは西部古書会館「中央線」展で、買える回だったため12か13冊ぐらい買ってしまう。これからあちこち移動するのにバカだなあ。散歩堂さん合流、駅前中華食堂で腹ごしらえして、前から企画していた「都バス一日乗車券」でのバス旅を敢行。…

小川町「待夢」はコーヒー260円。いったい、今、何時代?

人並に年末進行が目前に。毎回悩む「古通」連載の店選び、今回は未踏の江古田「スノードロップ」さんをめがけて、昨日動き出す。ポラン書房出身の女性店主。ちょっと会話を交わす。江古田も久し振り。くわしくは「古通」へ。 帰り、小川(小平市)下車。「栄…

声をかけても聞こえないそぶり

www.youtube.com 「時間ですよ」の劇中歌「ひとりごと」。好きな曲です。西真澄は、ほんとうに自分でギターを弾いてますね。 昨夜は、W杯ドイツ戦を興奮のうちに見る。驚いたなあ。大方の予想のごとく、1対1なら上出来と思っていたから。いいものを見たな…

王さんの髪、刈りたいなあ。

www.youtube.com これは「あの素晴らしい愛をもう一度」のB面でよく聴いた。ということはシングル盤を持っていたのだ。私の懐メロはこのあたり。 火曜は「テルメ小川」の日(と決めている)。ついでに、帰り散髪も。1200円。すぐに済む。ほんとは三カ月ぶり…

そこにはただ風が吹いているだけ

www.youtube.com 善行堂ブログで、高校一年のクラスの同窓会が大阪であり、仙台から参加したi浜が足を伸ばし、善行堂と京都で会ったと知る。i浜はただ一人、高校時代3年間同じクラスだった。クラブが同じの善行と仲がよかった。ぼくは同じ京阪沿線で、善行…

西武バス、本川越から新所沢へ。

www.youtube.com こういう陰鬱な空の冬の日に似合う「オーブル街」は松山猛と加藤和彦の楽曲。森山良子さんに取材でお会いしたとき、「オーブル街が好きで」と僕が言うと、一瞬、間があって「そうですか、いい曲ですよねえ」と森山さんが言ったのだった。 昨…

オカタケな日々92がアップされました。

www.shunyodo.co.jp 無料公開になっています。お気軽にアクセスしてみてください。口癖と湘南モノレール、映画「大いなる驀進」について書いています。 『ここが私の東京』「あとがき」を書き、「草野心平」編のゲラを返す。レンガを積むように、一つひとつ…

闇の彼方に灯りが

お風呂難民つづく。ニュースでやはり、給湯器が壊れ、現在品薄で半年待ち、という人が取材を受けていた。そうなのか。どんどん進化するため、旧式に対応できない(部品がない)、新式の在庫不足、モロモロ。昨日は週一の「テルメ小川」という温泉施設へ。で…

「古書通信」11月号は「ゆうらん古書店」

「古書通信」11月号がとどく。経堂にできた「ゆうらん古書店」について書く。次号は吉祥寺「一日」その他を書いて送付。その次はまだ決まっていない。江古田の「スノードロップス」はどうか。江古田も長いこと行ってない。教育誌コラム、「オカタケな日々」9…

立川「梅の湯」へ。

11にち、吉祥寺。武蔵野市立吉祥寺美術館で期限の迫った「片山健の油彩画展」を見る。土井「トムズボックス」章文さんのプロデュース。音羽館の広瀬くんから招待券をもらったままになっていたので、あわてて駆けつける。夏の緑が匂ってきそうな濃密な空間が…

高円寺茶房にて

10日、高円寺茶房で「本の雑誌」前田くん、装幀デザインの真田(真治)くんと打ち合わせ。その前に木曜から四日連続の「西部」愛好会を覗く。文庫、新書判の小さい本ばかり4冊。かさばらなくていい。クロークの志賀くん(もと音羽館店員、独立してネット古書…

はじめぼくはひとりだった

7日、テーマは「写真」で9000字(じっさいは8000字ぐらいしか書けなかった)の原稿をようやく脱稿して送付。「写真」について、改めて考えるチャンスとなった。古本で買った、個人の古いアルバムについて言及する。 今日8日は、先週に届いた『ここが私の東京…

国立「鶴の湯」へ

連日、人と会って興じる週後半となった。5日は散歩堂さんと六本木、サントリー美術館で「美をつくし 大阪市立美術館コレクション」を見る。併設された和菓子カフェでお茶と麩まんじゅうセット。女子気分。お茶がおいしい。B1の「無印」で韃靼そば茶を買う。…

炭火で焼いた和牛ローストビーフ

www.youtube.com 昨日、ある依頼原稿と格闘。これまで書いたことのないテーマで9000字。途方に暮れるが、具体的なことを書いていくしかない。2000字書いたところでストップ。書き始めれば何とかなる。いずれ着地点も見えてくるはず。 夕暮れて小雨。ふたたび…

川越さんぽ、「音羽屋」でコーヒー、文化の日だった。

11月3日快晴。少し暑いぐらい。ほとばしる埼玉県地元愛王の岩田くんと川越さんぽ。いやに人が多いなあと思ったらこの日「文化の日」で休日だった。「ブ」で待ち合わせ。探していた『梅安料理ごよみ』講談社文庫を見つけ、小さく「おお」と声が出る。あと1冊。…

オカタケな日々91公開

春陽堂書店ウェブ連載「オカタケな日々」91が公開されました。無料ですので、気軽にアクセスください。今回は料理(と言えるほどのものでもないが)について書いています。 www.shunyodo.co.jp

3K住民による酒宴

おだやかに晴れた水曜日。昼はうどんを食べよう。一人用のアルミ小鍋を買う。これは鍋焼きうどんと、一人湯豆腐用。 昨日はぶじ、『ここが私の東京』ちくま文庫化のための増補章「草野心平」編を脱稿。50枚くらいは書いたか。書き出すときりがなく(話題が豊…

ぼくのせいではないけれど。

もう11月か。ぼくのせいじゃないけれど。 昨日はコンビニで用事をすませ、そのままふらふらと国分寺へ。「七七舎」均一で4冊。このところ読んでいる「梅安」の未所持講談社文庫、4と5が買えた。レジ前で北村君と喋る。ネットで売れた美術本(高価)が、と…

本日は一日死んでいた。

昨日、快晴の空の下、「新潮講座」のスピンオフ、「オカタケさんぽ」で田園調布から九品仏へ。7名が参加(1名欠席)。おなじみのみなさんだ。田園調布で降りるのは初めて、という人多し。映画「陽のあたる坂道」のロケ地として、北原三枝が歩いた道筋をたど…

1979年「多摩川遊園」が!

jpic読書アドバイザー講座、昨年につづきリモートでの古本講座。30日に本番、今日はリモートのテスト。いろいろ触ったことのない箇所をクリック。調整。ドキドキする。担当者と20分も喋ると疲れた。本番は1時間半。長いなあ。ちょっと声を張りすぎ。そのあた…

それで救われる気持ち

www.youtube.com 細野さんの作曲能力の高さは言うまでもないが、じつは詩もいいんですね。糸井重里のNHKの番組で谷川俊太郎さんが出たとき、糸井が(なぜ糸井だけ呼び捨てと突っ込まないで下さい)「さいきんの若い人(音楽方面)で、いい詩だと思う人はいま…

お世話になりました

昨日神奈川へ。義母の葬儀、斎場で骨を拾うところまで立ち会う。うちに、本当によくしてくださった義母であった。見送りに立ち合えてよかったが一日仕事であった。ネクタイを締めるのも久し振り。白いカッターシャツと黒い靴も買う。線香の煙の向こうの遺影…

もし「サンダーバード」が名古屋弁吹き替えだったら

www.youtube.com 名古屋弁吹き替えによるサンダーバード。秀逸。大阪弁や博多弁でも、これほど強烈な印象にはならないと考えると、名古屋弁の破壊力に感心する。 国立「ロージナ茶房」で取材を受ける。なんだか、こんなふうに取材を受けるのは久しぶりだ。質…

オカタケな日々90が公開されました

www.shunyodo.co.jp 先週、オカタケ散歩の下見で田園調布を歩いたとき、30分で音を上げる体たらくに、われながら反省し、少し歩こうとおもい、秋の朝、ひさしぶりに玉川上水を散歩。1年ぶりか。マスクをしながら歩くのが嫌で遠ざかっていた。どんぐりがたく…