水より安い天然水?

半袖のシャツを着て外出。西荻「盛林堂」岡崎棚に補充して、高円寺。「中央線展」はいちばん買える回。12時半ぐらいに入館したが、すでにガタガタの棚多し。「古書ワルツ」がもともと安いのを半額に下げた150円本を大量投入。伸びる手を片手で押さえつつ、二…

「風くるま」に乗り麹町くねくねバス散歩。

「サンデー」の本選びを終え、同じフロアにいる北條くん(「エコノミスト」)、宮里くん(書籍編集部)に声をかけ、3人で千代田区役所ロビーで談話。3年ぶりぐらいか。それぞれ出版界の情報交換。2人と別れ、区役所前から出ているコミュバス「風ぐるま」に…

立花隆「猫ビル」探訪

22 日、さんぽの相棒「散歩堂」さんと、立花隆猫ビル探訪へ。丸の内線始発の荻窪から茗荷谷駅へ。ここから坂と寺めぐりをしながら小石川六角坂の「猫ビル」を目指す。江戸の名残を偲ぶコースでなかなかいい。途中休憩を小石川4交差点「copain(コパン)」で…

ひさびさの神保町行脚

快晴。午前神保町へ。三省堂の休業移転の様子を見て、リニューアル「キッチン南海」で昼、と思ったら行列。いや、神保町の飲食、どこも行列だ。立ち食いそばで済ます。鹿島茂プロデュースの貸棚店舗を見る。けっこうお客さんが入っている。「本の雑誌社」へ…

「オカタケな日々」79がアップされた。

www.shunyodo.co.jpokzg

上水沿いの小径を時折選んだ

昨日、ヤクルトVS阪神戦のヤクルトびいきの解説にいちゃもんをつけましたが、これは私のまちがい。つまり副音声で、阪神ファンのための放送がちゃんとされていた(聞いたけど、主音声よりひどかった。悪ふざけがすぎる)のに気づかなかった。失礼しました。…

Eテレ「高校講座」はおもしろい。

15日、国立「ビブリオ」で2019年に逝去した漫画家の「うらたじゅんさんを忘れない」トークショーを聞く。高野慎三、おんちみどりと生前親交のあった人と、うらたさんの夫・浦田隆二さんが登壇。おもしろかった。克明にメモを取る。しかし、面白いところは書…

「ろーじな茶房」でお茶。

某紙書評、森達也『千代田区一番一号のラビリンス』をどうにか着地させ送付。いや苦労しました。天皇制に踏み込む内容で、ぼくの守備範囲外。本の紹介に徹する。別の某紙から新たに書評依頼あり。ありがたい。原稿料がぼくの知るかぎり、一番いい。だからと…

東京東側下町資料がどさりと

今週発売の「週刊現代」に、坂上泉『渚の蛍火』書評が掲載。なるべく出費しない生活を心がけている。移動はほとんど自転車。ひる飯はうちで食べる。今日はお好み焼きを作る。 長い知り合いで、いつも気にかけてくれている知人のOくんが、江東、墨田、足立エ…

大野雄大ほぼほぼ完全試合に感服

朝早起きして、先日訪れた立原道造「ヒアシンスハウス」について、「赤旗」に書く。いつも書きたりない気がして、圧縮に手間取る。この「ヒアシンスハウス」、言い足りないことあり、「オカタケな日々」に1回分費やして書こうかと思う。次はどこへ行こうか。…

中浦和スタート、着地は高円寺

昨日、新装「オカタケ散歩」を中浦和駅集合で別所沼、立原道造「ヒアシンスハウス」へ。12名の参加者。ありがたい。危ぶんだ雨は回避され笠なしのさんぽだった。急きょ、百均で買った白地の扇子に、立原道造とその詩の一部を描いて、当日参加者への抽選プレ…

善行堂に追加、絵も新入荷

昨日、善行堂に電話。「一箱」の話を。看板のために描いた絵を売ってくれたというので(売れるとは思っていなかった)、急きょ追加で3枚、別バージョンを新たに書き、追加の一箱も作る。こういうことは早い。明日7日、午後2時から4時の便で届く予定ですので…

オカタケな日々78更新

www.shunyodo.co.jp 「オカタケな日々」78が更新公開されています。無料ですのでお楽しみください。 昨日、午前中に「サンデー」原稿をアップして外出。散歩堂(あちこちから声がかかったのに、ぼくの頼みを優先)を誘い、八王子放射路の古本まつりへ。「ほ…

秋津さんぽで住宅街の迷路を漂流す。

快晴と5月の風にさそわれて、昼前に始動。西武線で「新秋津」、少し歩いて武蔵野線「秋津」駅をさんぽの始めとする。駅前に人だかりの弁当や「あけぼの」があり、レジは行列。弁当のほか、太巻き、おにぎり、各種総菜、和菓子(いちご大福)が売られている。…

ニコニコ西純矢に涙する。

西純矢巨人戦で今季初、昨年初勝利から二度目の勝ち星をあげた。白い歯を見せて、ニコニコ笑いながらマウンドに立つ姿が新鮮。「青春」という言葉を思い浮かべながら応援していた。バッティングもいい。同じ阪神在籍の西勇輝とは遠縁にあたるとか。それにし…

負け方を忘れたか、阪神。

阪神、巨人戦に連勝し5連勝。負け方を忘れてしまったか。このまま100連勝も夢ではない(言うたもんが勝ちや)。押し出しにタイムリー、ダメ押しの山本泰寛の移籍初の(しかも古巣の東京ドームで)ホームランと小気味よい勝ち方。山本のホームランと、苦節お…

別冊太陽 小さな平屋に暮らす

NHKFM「昭和歌謡特集」、なんと9時間を途中から聞きながら、まだ「青い山脈」などが流れている。長丁場だ。聞いたことのない曲も多し。そのほうが楽しい。 書評用、坂上泉『渚の蛍火』双葉社をメモを取りつつ読む。本えらびした「サンデー」の本もどさりと届…

今すぐ、九段下「昭和館」へ駆けつけよ!

流されていくように4月もあと少し。阪神、がんばっています。 昨日は、週3回発売となった「サンデー毎日」へ。これからは本えれびも月1となる。編集部で、その場で手書きで原稿を作っていた時代は毎週通っていた。竹橋に編集部があって、必ず神保町を経由し…

流れる星はいつもきれいで、ただそれだけに悲しくて

「赤旗」試写室、NHKドラマ「昭和ミュージカル」を一足早く視聴し、評を書く。吉田拓郎「流星」が重要な場面で使われ、出演者の男性が歌う。 昼飯たべながら「こころ旅」を見てたら、本日2022年4月春の旅で、琵琶湖畔東岸の町「針江」からのスタート。清…

白いマリア像を買う。

www.youtube.com カラオケでよく歌う「いつか街で会ったなら」。中村雅俊歌唱だが、これは作曲した吉田拓郎バージョン。シダックスだったと思うが、このカラオケ映像で名作があって、都会で暮らす社会人となった若者のもとへ一通の招待状が届く。高校時代に…

「オカタケさんぽ」復活

今年3月で終了した「新潮講座」で続けてきた文学さんぽ。参加者から継続希望の声があり、自主開催で年に何度か、また仲間たちと街歩きをすることになりました。うれしいです。概要は、引き続きボランティアで幹事を引き受けてくださった「新潮講座」担当者の…

勝利はあまりに遠し

「逆上」 阪神について語りしと思へども 勝利はあまりに遠し せめては新しき起用の働きを 心の慰めとするらん。 代打逆転満塁本塁打をみるとき たてじまのふらっぐによりかかりて これで勝ちとうれしきことをおもはむ 五月の朝のしののめほどはかない うらみ…

オカタケな日々77が公開されました。

www.youtube.com NHKFM「音楽遊覧飛行」が「ふるさとのうた・心の旅」特集で、三橋美智也「僕は郵便やさん」がかかる。ええ歌やなあ。日本の「プリーズ・ミスター・ポストマン」か。いや違うな。三橋美智也のベスト盤が欲しくなる。 www.shunyodo.co.jp …

あ~あ、あ~あと声が出る

「學燈」連載が1ページで新刊3冊から、2ページで新刊以外も可というスタイルとなり、永井龍男『青梅雨』についてたっぷり書く。800字までくらいなら一気に書くが、1500字となるとそうはいかない。しかし、やりがいのある原稿である。「古通」次回は逗子「イ…

お客さんに嫌われるぞ

www.youtube.com タモリ倶楽部「空耳」の屈指の名作がセルジュ・ゲンズブール「お客さんに嫌われるぞ」。いや、こういうのに近い店があるんです。よく行く中央線沿線某駅近くの中華料理店、おしぼりが出るのだが、ある時出ずに催促したら、ほうってテーブル…

朝ドラ反町茂雄の会

土曜日、西荻へ。補充を兼ねて「盛林堂」へ。均一に木下杢太郎全集函入りがあり、出してみたら、中身の本が違う。ちょうど均一の補充に出てくたふみさんに「これ、中が違うよ」と指摘。「あ、本当ですね。ありがとうございます」とひっこめた。こういうこと…

阪神、これから100連敗してもいいよ。

雨上がり、土のにおい、風のにおいがする。 ご心配をおかけしました。阪神やりました。2勝目だけどね。対巨人、ピッチャーは菅野、甲子園でというのが値千金。しかも佐藤が逆転ホームラン。思わず「わああ」とテレビ視聴しながら声が出た。そのあと、恥ずか…

いつか淋しい大人になっていく

月の半ば、「サンデー」「高校教育」などレギュラーの原稿を書き、「赤旗 試写室」で明日放送のNHKドラマ、高橋一生と奈緒主演の「雪国」について書く。といってそれほど忙しいわけではない。ほとんど、ぼうーっと生きている。 遠藤周作『深い河』を入手…

今日は今日の風が吹く

www.youtube.com 10日西部古書会館「均一展」3日目にのっそり出かけ10数冊買う。1冊50円。魚雷くんと館内で会う。彼は地元民だから3日間日参したとか。CDも2枚。これも50円。映画「キッチン」のサントラ、とジャケ買いでノルウェーの歌手ヒルデ、マリー・…

富士を見るため御殿場線へふたたび。

9日晴天。早朝から始動。「青春18」の4,5回を散歩堂さんとシェアして東海道線から御殿場線への散歩。下曽我で降り、尾崎一雄文学碑、墓を詣でる。ここのところは、「オカタケな日々」でくわしく書くつもり。足柄駅は隈研吾設計のモダンな駅舎。乗降者数に…